長良川天然鮎一夜干し(8匹)【送料無料】

鮎の一夜干し8匹を真空パックでお届けします。
素焼きにしてお召し上がりください。
※ご注文を受けてからの製造となります。お届けまで1風寒程度お時間をいただく場合がございます。
※お届け日に関しては、ご注文後に生産者よりご連絡いたします。

長良川を明日へつなぎたい。若き川漁師の挑戦


清流長良川で今、注目の若手川漁師


結の船代表 平工顕太郎さん

岐阜の町の中心部を流れる長良川。岐阜県郡上市にその源を発し、伊勢湾にたどりつくまでの全長はおよそ165キロ。長良川は、本流にダムのない貴重な川としても知られています。
この川にはアユ、サツキマス、ウナギ、アマゴ、モクズガニ、オオサンショウウオ、ウグイ、テナガエビ、タナゴなど今なお自然の資源があり、川と共に生きる川漁師が暮らしています。
高齢化が進み、後継者も途絶えていた長良川の川漁師の世界で今、一人の青年が活動を始めています。彼の名は平工顕太郎さん。長良川に久しぶりに現れた若手漁師として注目を集めています。

結の船代表 平工顕太郎さん


結の船代表 平工顕太郎さん岐阜に生まれ、川で育つ。大学では水産学部に進学し、鮎の生態を研究。「川で生きる大人になる」という夢を叶えるため、27歳で川漁師の世界へ飛び込む。現在、一人前の川漁師になるべく精進中。漁舟「結の丸」船長。長良川漁業協同組合正組合員。


川が好きだからこそ、川で生きていきたい


結の船代表 平工顕太郎さん

子供の頃から川と魚とりが大好きで、川が一番の遊び場だったという平工さん。川魚と川で生きる人たちに魅せられ、いつしか自分も「川で生きる大人になりたい」と思うように。
3年前、その夢を叶えるため長良川の川漁師の一人である服部修さんに弟子入り。服部さんに学びながら、技術の習得に向けて日夜経験を重ねています。
5月から10月までの鵜飼シーズンは、毎夜鵜匠の船頭として長良川の鵜飼にも携わっています。

長良川で獲れる天然鮎

金華山を間近に臨む、長良橋から鵜飼大橋の間が平工さんの漁場。ここで5月から11月までの約半年間、長良川の天然鮎を追いかけます。サツキマスやウナギが獲れることもあるそう。
漁師にとって一番大切な道具は川舟ですが、もう岐阜には川舟を作る舟大工はいません。そのため古い舟を譲ってもらい、服部さんら漁師仲間のサポートのもと修理し、大切に使っています。
「川漁師がいなくなると、漁法はもちろん漁具などの伝統用具も消えてしまいます。また川の変化に一番に気付くのは、毎日川にいる漁師です。川漁師になることは、川を守り、川文化を継承することだと思っています」。
長良川を明日へつなぎたいと、平工さんは使命感をもって日々川と向き合っています。

川を守るためにも、鮎の美味しさを伝えていきたい


結の船代表 平工顕太郎さん

長良川には20もの鮎の漁法が伝えられています。平工さんは普段、深夜から明け方にかけて、火振り網漁を行っています。
「天然鮎は、オリーブオイルをくぐらせたようにつややかで、本当にきれいなんですよ」。
鮎が網にかかるとスイカのような香りがふわっと漂って、なんともいい匂いがするそう。
「一般家庭の方、特に私と同世代の若い人にぜひ、長良川の天然鮎を食べてもらいたいんです。
鮎のおいしさを知れば、長良川からこのおいしい鮎を無くしたくない、川を守りたいという気持ちにつながるんじゃないかな」。
長良川の魅力を伝えたいという思いから、川舟に乗って自然体験をするエコツアー「結の舟」の運営も行っています。平工さんは伝統を受け継ぐとともに、新しい時代の川漁師を目指しています。

結の船 平工沙織さん

長良川の天然鮎の味をより多くの人に届けたいと、一夜干しや赤煮など加工商品の販売も行っています。赤煮とは川漁師に伝わる調理法のひとつで、鮎を醤油と酒、ザラメでさっと煮たもの。甘露煮とは異なり、魚の身を白いまま仕上げます。調理は栄養士と調理師の資格を持つ、奥さんの沙織さんが担当。川漁の師匠、服部さん直伝の味です。
「鮎は塩焼きが一般的ですが、赤煮も本当においしいんですよ。一見味が濃いように思えますが、口にするとサラッとしていてまた違う鮎の風味が楽しめます」と沙織さん。
長良川の天然鮎のおいしさは格別です。若き川漁師、平工さんの獲った鮎・そして世界農業遺産に認定された長良川の鮎をぜひ体験してみてください。


2015年12月、「清流長良川の鮎」が世界農業遺産(GIAHS:ジアス)に認定されました。

世界農業遺産(GIAHS)とは


GIAHS:ジアス=Globally Important Agricultual Heritage Systemsのこと。その土地の環境を生かした伝統的な農林水産業や、生物多様性が守られた土地利用、農村文化や農村景観などが一体となり、維持保全が図られている世界的に重要な地域を後世に引き継ぐことを目的として、2002年にFAO(国際連合食糧農業機関)により創設されました。

長良川流域には、約86万人の人々が暮らしています。長良川は都市部を流れる川でありながら、昔から流域の人々の暮らしの中で清流が保たれ、さらにその清流で鮎が育っています。

長良川と鮎は、地域経済、歴史・食文化と深く結びついてきました。こうした「人々の生活」「豊かな水環境」「漁業資源」が連携している里川(さとかわ)全体の関係性を「長良川システム」として捉えているのが特徴です。


<送料について>
本州に限り、送料込みの金額になっています。
※北海道、四国、九州、沖縄、離島の場合はお問合せください。
販売価格 4,800円(内税)

長良川デパートとは

商品を探す

キーワードから

カテゴリーから

目的から

その他

長良川デパート湊町店

住所
500-8009 岐阜市湊町45
営業時間
10:00−18:00 / 月曜休み(不定休)
電話番号
TEL.058-269-3858
アクセス
岐阜バス「長良橋」下車 徒歩2分
お車でお越しの際は、河川敷無料駐車場もしくは
岐阜公園駐車場(有料)をご利用ください。